建築資材・上下水道資材の卸、外装工事・杭打工事、物流・ロジスティクスサービス、モバイル通信、レジャー企画など

ヒダ株式会社

トップページ > セメント・生コン > 生コンのスランプとは
image03spacer生コンクリート
spacer
spacer

生コンのスランプとは



フレッシュな状態のコンクリートは、主として水量の多い、少ないにより、コンクリートの軟らかさや流動性が異なる。この軟らかさや流動性の程度を示す一つの試験方法としてスランプ試験がある。

スランプ(Slump)とは、株が暴落するとか、人気ががた落ちになるなどの意味があるほか、スポーツなどで調子が悪い時によく用いられるように「下がる」という意味である。

フレッシュコンクリートのスランプとは、上の内径が10cm、下の内径が20cm、高さが30cmの鋼製中空のコーンにつめたコンクリートが、コーンを引き抜いた後に最初の高さからどのくらい下がる(スランプする)かを示すものであり、スランプが大きいコンクリートは、軟らかいコンクリートということになる。

また、最近では高流動コンクリートの要請が高まりつつあり、この場合には、スランプのほかにスランプフロー値(スランプ試験後コンクリートの広がり具合で流動性を判断する)も併用してコンクリートの軟らかさ、流動性を判定している。

生コンスランプ